感情の忘備録

底辺高校から二浪して受験を終え、底辺大学の教育学部に入ることになった精神疾患者の日常の綴り

 

胃酸が過剰に出て口の中が酸っぱかったり、喉の奥が熱い。

今日の昼は模試を解いていたがやはり違和感があってなかなかやる気も出ずにテキトーにやってしまった。やった後も面倒で直しもしていない、最悪な状態だ。

 

なんだかんだもうすぐでセンター試験なのだが俺の未来はどうなるんだろう、ここで勝たなければ俺の未来は更に真っ黒になる。

 

なかなか自分を信じることが難しい、成功体験が何もなく、負け続けてきた俺にはそう簡単に出来るものではないが。

 

センター模試も予備校によって難易度も変わるしどれを判断材料に選べばいいのか、見当がつかない、多岐亡羊だ。